ノベルティの扇子を通販で購入するポイント

   

企業の販促のノベルティとして使うのに扇子はとても有益です。昔から涼をとるために使われてきた実用品であるというだけでなく、踊りやお茶会などでは必要不可欠な小道具の1つでもあり、日本人の生活には欠かせないアイテムです。時代は変化しても、今なお人気があり、小粋なイメージがあるため、ノベルティに配ると喜ばれるケースが多いです。
配る企業側からすると、イメージアップが図れるだけでなく、さりげない宣伝アイテムとしても利用できるというメリットがあります。最近では通販でさまざまなものが販売されていますが、扇子もまたその1つであると言えます。既製品はもちろんですが、企業の宣伝文句などを入れたものや独自のデザインのものなど、他とは差別化したものを作ることで、より効果を高めることができます。

製作を依頼する際に気を付けるべきこと

最近は通販で手軽に注文ができるお店が増えています。しかし、お店によって特徴や売りにしていることが異なるため、目的に適したお店を選ぶことが大切です。まずは、どんな目的で作りたいのかという点を明確にして、注文したい数にも注目しなければなりません。大口の注文なのか小口の注文なのかによって料金体系が異なる場合があります。特に大口で製作する場合は、全体の価格や1本あたりの価格も気になるところです。
また、納期まではどれくらいかかるのかということも重要なポイントです。日程に余裕が無い時でも対応してもらえるのかどうかにより、依頼できるお店も変わってきます。印刷はどのような方法で行ってもらえるのか、サイズ展開はどんなものがあるのかなども気になるところでしょう。

製作を依頼する際に行っておきたいこと

通販で扇子を購入するお店を決める際には、できれば複数の業者から見積もりを取ることがおすすめです。同じデザインであっても業者によって価格は異なります。価格だけで選ぶのではなく、サービス内容も含めて検討していくことが大切です。紙製にするのか布製にするのかも選ぶ必要がありますし、大きさも業者によって違いますので必要な大きさのものがあるかどうかもチェックすべき点です。
また、ノベルティとして使う場合を含めて、どのように包装してもらえるかなどもチェックしましょう。熨斗紙を付けることが必要な場合はそれに対応しているかどうかも検討します。製作を依頼する業者を決める際には、細かいデザインの打ち合わせなどを行うこともありますが、その対応が迅速で親切かどうかもチェック項目の1つです。